【日本ダービー予想2016】リオンディーズ、課題は折り合い。難しい馬もデムーロなら克服してくれるはず?!

リオンディーズ

昨年は朝日杯FSで最後方から直線で一気に外から突き抜けたリオンディーズ。序盤無理せず折り合いに専念し、道中緩んで最後は再加速戦。後方から切れ味を見せて2番手まで押し上げると最後はエアスピネルを交わしてゴールしました。見事に2歳王者に輝き、クラシックの主役候補に躍り出ます。

1番人気に推された弥生賞では4番手と前で競馬を進めます。4番手とは言え先頭とは離れており、前と後ろにスペースを空けて気持よく進められたレースでした。直線でも早めに先頭に立ち、前走おさえたエアスピネルも今回もしっかりとおさえ、あわや2連勝か?!と思われましたが、最後方から進めたマカヒキに交わされ2着に惜敗。

そして前走の皐月賞では積極的に出していって2番手追走。3~4コーナーで早めに上がって直線は先頭。しかし直線半ばで外へ斜行し、4位入線も5位に降着となってしまいました。ここへ来て折り合い面での不安が浮き彫りとなり、本番ダービーへ不安を残す形となってしまいました。

 

折り合いを克服し、デムーロがダービー連覇目指す!

さて、新馬戦の2000m以外はマイルでしか好走を見せていないリオンディーズ。距離が400mも伸びるダービーに挑みますが、課題である折り合い面の不安ありますし重い印は打ちづらいところです。前走の皐月賞では積極的な先行策で行きましたが、早い流れの中で中盤緩みがあったりと前半脚を使ってしまい、後続の馬に厳しい競馬を強いることができなかったので近2戦は判断が難しいということもあります。

本番ではどのような競馬で挑んでくるかが読めないのですが、これまで積極的な騎乗が目立っているので、中団で馬をコントロールしながら進めて、最後の直線に賭けてほしいですね。これまで途中で無駄な力を使ってしまっているところが目立っているので、それさえ無くせば本来の力を出しきれるはずです。去年のドゥラメンテの時とはまた違ったタイプの気性難な馬ですが、デムーロ騎手にはこういう馬は合ってそうですし、こういう難しい馬を克服して人馬ともに強くなっていっていただきたいですね。

 

≫ 【無料】, の予想はこちら


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。