日本ダービー関連の名言集

iwata

競馬関連の名言集

日本ダービー関連の名言集

「1番人気はいらない、1着がほしい」-大西直宏騎手
第64回日本ダービー優勝馬、サニーブライアンに騎乗した大西騎手がレース前に、周囲の低い評価について尋ねられた時に言った言葉。

 

「ルドルフに競馬を教えてもらった」-岡部幸雄騎手
第51回日本ダービー優勝馬、シンボリルドルフに騎乗した岡部騎手が後に言った言葉。レースの向正面で岡部騎手が出したゴーサインに反応しなかったシンボリルドルフが、直線に入ると自らハミをとり先を行く3頭を差し切って二冠達成を果たした。この出来事について語った言葉である。

 

「日本ダービーに出させてほしい。枠順は大外でいい。他の馬の邪魔は一切しない。賞金もいらない。この馬の能力を確かめるだけでいい」-中野渡清一騎手
当時負け知らずで前走のオープン戦で2着馬に7馬身差をつけて快勝も、当時の規制によりクラシックへの出走資格がなかったため日本ダービーには出走できなかった。この問題は広報誌の「優駿」といった競馬関係のマスコミにも取り上げられ議論された。

 

「借金してでも金を集めて、アイネスフウジンを1番人気にしてやりたい」-中野栄治騎手
第57回日本ダービー優勝馬、アイネスフウジンに騎乗した中野栄治騎手が、レース前に3番人気となったアイネスフウジンについて言った言葉。

 

「このレースだけは、騎手の名誉だから。」-中島啓之騎手
日本ダービーが行われる当週に、医師から末期の肝臓癌であり、持ってあと3ヶ月との告知を受ける。それでも中島騎手はダービーに出走し、自厩舎のトウショウサミットに騎乗して18着に敗れるも果敢な逃げで見せ場を作った。中島騎手は日本ダービーの16日後に亡くなった。

 

「ダービー1番人気でも一つも不安がなかった」-安藤勝己
第71回日本ダービー優勝馬、キングカメハメハに騎乗した安藤勝己騎手が後に言った言葉。日本ダービー当日のキングカメハメハの単勝オッズは2.6倍の1番人気であった。

 

その他の名言集

「どう乗ろうと勝てなければ叩かれる。だったら自分の思ったように乗る。人の顔色を伺うような騎乗はしたくなかった。」-安藤勝己騎手

 

「スローペースなので下げました」-岩田康誠騎手
2008年の阪神大賞典のレース後に岩田騎手が言った言葉。当時はスローペースで位置取りを下げることは勝負を捨てるに等しいとされていた。現代競馬ではスムーズに折り合うために下げるといったことはあり、仕方がない場面があるとも言える。

 

「日本でトップになっても、それは『日本一』でしかない」-武豊騎手
武豊騎手による言葉。

 

「競輪はお金を使うところで競馬はお金を貰うこと」-武豊騎手
ギャンブル好きで知られる武豊騎手の言葉。

 

「ミルコはすごいですよ。岩田より日本語上手いです(笑)」-武豊騎手
2015年からJRA所属騎手となったミルコ・デムーロ騎手について武豊騎手が言った言葉。

 

≫ 【無料】, の予想はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。